アパレル・リテール企業等のパターン技術者として十分な活躍ができることを目指します。また、デザイナーとして就職する際にも習得しておくべき重要な技術として、身に付けてもらう目的で実施しています。 パターンメーカーとしての能力を測る試験です。プロのパターンメーカーとして指導できるレベルを目指します。

パターンメーキング技術検定

級試験日

筆記・実技試験:2022年12月10日(土) 受験票発送済

出願期間 :
2022年9月15日(木) ~
2022年10月14日(金)

受付期間外
受験資格:
どなたでも受験できます。
(2級と併願できます)
受験料:
12,500円(税込)
筆記免除(実技のみ受験):7,500円(税込)
実技免除(筆記のみ受験):5,500円(税込)
「科目免除とは?」

パターンメーキング技術検定は 2 科目で構成されています。どちらか 1 科目が合格した場合、科目合格になります。科目合格取得から1 年以内に受験する場合に限り、合格科目の受験を免除します。
科目免除受験の申込みをするには「科目合格証」のコピーが必要になります。

試験時間:
筆記試験 10:00~11:00
実技試験 12:30~16:00
試験方法:
筆記理論 マークシート方式100問
実技 フラットパターンメーキングまたはドレーピング
持ち物:
筆記試験
受験票、顔写真付きの身分証明書、HBの鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム

実技試験
受験票、顔写真付きの身分証明書、鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム、シーチング、肩パッド、原型、各種定規(パターン記号や製図方法がきさいされているものは不可)、パターン用紙(あらかじめ原型書き込んだもの、マーキング等されたものは不可)、トワル組み立てに必要な用具(ゲージ類の持ち込みは不可)、電卓
申込方法:
「願書」と「受験料」を、受験を希望する都道府県の出願先(出願先一覧でご確認ください)へ、郵便局から現金書留で郵送してください。

※東京会場、大阪会場での受験を希望される場合、受験料は銀行振込となります。

東京:三井住友銀行 麹町支店 普通9180307 東京都服飾学校協会
大阪:りそな銀行 三国支店 普通0070029 特非)関西ファッションカレッジコンソーシアム 理事長 森慈郎

「受験願書」と「振込明細書」を郵送で「東京」または「大阪」の出願先へお送りください。 出願先一覧はこちら
前年度の傾向と対策および模範解答はこちら

願書のPDFをダウンロードできます。

2級試験日

筆記、実技試験終了 合否発送済

受付期間外
受験資格:
どなたでも受験できます。
(3級と併願できます)
受験料:
2級 13,500円(税込)
筆記免除(実技のみ受験):7,500円(税込)
実技免除(筆記のみ受験):6,500円(税込)
「科目免除とは?」

パターンメーキング技術検定は 2 科目で構成されています。どちらか 1 科目が合格した場合、科目合格になります。科目合格取得から1 年以内に受験する場合に限り、合格科目の受験を免除します。
科目免除受験の申込みをするには「科目合格証」のコピーが必要になります。

試験時間:
筆記理論試験 9:30~10:30
筆記製図試験 10:50~12:50
実技試験 9:30~13:00
試験方法:
筆記理論 マークシート式
筆記製図 縮尺及び実寸製図
※製図問題の問4、グレーディングは、今年度は袖のグレーディングとなります。
実技 フラットパターンメーキング、ドレーピング
持ち物:
筆記試験
受験票、顔写真付きの身分証明書、HBの鉛筆またはシャープペンシル、定規(1/2縮尺、実寸に対応できるもの)、製図用具(はさみ、カッター、カッター用マット、メンディングテープ、文鎮など)、消しゴム、トレーシングペーパー(ただし、貼り付けての解答は不可)電卓

実技試験
受験票、顔写真付きの身分証明書、鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム、シーチング、肩パッド、原型、各種定規(パターン記号や製図方法がきさいされているものは不可)、パターン用紙(あらかじめ原型書き込んだもの、マーキング等されたものは不可)、トワル組み立てに必要な用具(ゲージ類の持ち込みは不可)、電卓
申込方法:
「願書」と「受験料」を、受験を希望する都道府県の出願先(出願先一覧でご確認ください)へ、郵便局から現金書留で郵送してください。

※東京会場、大阪会場での受験を希望される場合、受験料は銀行振込となります。

東京:三井住友銀行 麹町支店 普通9180307 東京都服飾学校協会
大阪:りそな銀行 三国支店 普通0070029 特非)関西ファッションカレッジコンソーシアム 理事長 森慈郎

「受験願書」と「振込明細書」を郵送で「東京」または「大阪」の出願先へお送りください。 出願先一覧はこちら
    前年度の傾向と対策および模範解答はこちら

願書のPDFをダウンロードできます。

概要
  • 3級では、ファッション業界、特にアパレル企業に関する知識やパターンメーキングの用語、基本寸法など基礎的な知識。 2級では、パターンメーキング、グレーディング、マーキングさらにアパレルCADや縫製仕様書などの書類関係、素材とパターン、サンプルチェックまでのパターンメーカーとして必要な知識を理論と製図(1/2、実寸)で出題。 実技では主に、3級はブラウス、2級はジャケットのフラットパターンメーキングまたはドレーピング。
対象レベル
  • 3級
    検定への入門段階として、パターンメーカーを目指す学生だけではなく、ファッション業界におけるクリエイターを目指す方であれば職種を問わず必要とされる内容です。ファッション(服飾)専門学校などで1~2年間、ファッション造形知識・技術とパターンメーキングに関する教育を履修した程度の方が対象です。

    2級
    パターンメーカーを目指す学生やファッション業界における新人パターンメーカーに必要とされる、さらに高度なパターンメーキング技術と知識を問う内容です。ファッション(服飾)専門学校などで3年間、ファッション造形知識・技術、工業用パターンメーキングやグレーディングに関する専門的な教育を履修した程度の方が対象です。
使用できるテンプレート

1級試験日

大阪会場:
2022年8月20日(土)

出願期間 :
2022年6月20日(月) ~
2022年7月22日(金)

受付期間外
受験資格:
どなたでも、どの級からでも受験できます。
受験料:
18,000円(税込)
試験時間:
9:30~16:30
※12:00~13:00は昼休憩
試験方法:
実技試験 ※パターン作成方法は自由です。
持ち物:
顔写真付きの身分証明書、筆記用具、パターンメーキングに必要と思われる用具
※持ち込み不可なもの
有り型、芯貼りしたシーチング、余分なシーチング、あらかじめ作成したボタン
試験会場:
大阪
申込方法:
左下の実施要項をお読みの上、受験料をお振込みください。
その後、右下の申し込みボタンよりお申込みください。
お申し込みの際に、お振込みいただいた「振込明細書」が必要になります。

※団体でのお申込み希望の場合は、問い合わせよりご連絡ください。

パターンメーキング検定1級試験へのお申し込み

1級試験日

東京会場:
2022年9月24日(土)

出願期間 :
2022年7月25日(月) ~
2022年8月31日(水)

受付期間外
受験資格:
どなたでも、どの級からでも受験できます。
受験料:
18,000円(税込)
試験時間:
9:30~16:30
※12:00~13:00は昼休憩
試験方法:
実技試験 ※パターン作成方法は自由です。
持ち物:
顔写真付きの身分証明書、筆記用具、パターンメーキングに必要と思われる用具
※持ち込み不可なもの
有り型、芯貼りしたシーチング、余分なシーチング、あらかじめ作成したボタン
試験会場:
東京
申込方法:
左下の実施要項をお読みの上、受験料をお振込みください。
その後、右下の申し込みボタンよりお申込みください。
お申し込みの際に、お振込みいただいた「振込明細書」が必要になります。

※団体でのお申込み希望の場合は、問い合わせよりご連絡ください。

パターンメーキング検定1級試験へのお申し込み

レベル
  • ファッション(服飾)専門学校で4年以上知識・技術を習得し、実務経験を5~6年程度積み、ファッション造形とパターンメーキング、グレーディングに関する高度な知識・技術を持ち、プロのパターンメーカーとして指導的な能力を発揮できるレベル
               
出題形式
  • (1)デザイン画
     課題のデザイン画は装着した全身を描いたもので、多少強調されたイラストになっている場合がある。デザイン画からデザインを読むこともパターンメーカーの重要な能力となるため、イメージはデザイン画を基に、仕上がり寸法は使用する工業用ボディに合わせる。

    (2)パターンメーキングに関する諸条件
     デザインコンセプト、使用する素材、組成、価格、指定されたパターン寸法に基づいてパターンを作成する。指定のデザイン画や素材特性に合わないパターン形状やシルエットは減点の対象となる。

    (3)素材スワッチ
     課題に指定された素材は、名称や組成のデータだけではなく素材サンプルが試験会場に準備されているので、風合い・厚さ・ドレープ性などを見ることができる。ただし、課題の内容により不要な場合は提示しないこともある。

    (4)提出物
     ①工業用パターン
     課題のデザインに対する適切なパターンに、縫い代付きの工業用パターンを作成する。表衿・見返し・ポケットなどのパターンを含む。
     ②シーチング
     シーチングは、ボタンなど通常裁ち切りで処理するパーツ以外は適切な縫い代を付けて、片見頃をピンで組み立て工業用ボディに着せ付ける。
     ③縫製仕様書
     縫製仕様書は課題のデザインやパターンメーキングとの整合性を考慮して作成する。適切な語句や数字を記入または選択する。
パターンメーキング技術検定 1 級対策講座のご案内
  • 東京・大阪においては、それぞれ 1 級の対策講座が予定されています。
    詳細は、下記に直接お問い合わせください。

    ○ 東京・BUNKA ファッション・オープンカレッジ  
    TEL:03- 3299- 2235
    ○ 大阪・特定非営利活動法人関西ファッションカレッジコンソーシアム  
    TEL:06- 6350- 0317