協会について発行書箱一覧お問い合わせ
一般財団法人日本ファッション教育振興協会
ファッションビジネス能力検定

パターンメーキング技術検定

過去問クイズに挑戦
原稿付き実施要項はこちら

願書のPDFをダウンロードできます。(A4の用紙に1頁ずつ印刷できます)
※印刷時に、原寸で印刷されるようにプリンタを設定してください。
※うまく印刷が出来ない場合は、協会事務局(03-6300-0263)までご連絡ください。

2級・3級

試験日 全国一斉実施
第36回 2016年7月23日(土)
第37回 2016年12月10日(土)
スペース
出願期間 第36回 2016年5月9日(月)~6月7日(火)
第37回 2016年9月20日(火)~10月18日(火)
※期間内に、出願先へ必着のこと。
スペース
試験方法 マークシート方式
スペース
集合時間 9:00集合
スペース
試験時間 2級・3級とも 9:20~12:40
※試験時間が同一のため、2級・3級の併願はできません。
A科目  9:20 〜 10:50
B科目 11:10 〜 12:40
スペース
受験料 2級 6,000円(税込)
3級 5,500円(税込)
科目免除受験は、2級・3級ともに3,000円(税込)
スペース
受験資格 制限はありません。合格した級に関係なく、希望する級を受験できます。
スペース
試験会場 本協会が設定する試験会場、または教育機関(専門学校・大学等)で受験できます。
受験を希望する都市に、その実施回に試験会場が設定されない場合は、他の会場で受験いただくことになります。
スペース
申し込み方法

受験者は、「願書」と「受験料」を、受験を希望する都道府県の出願先へ、郵便局から現金書留で郵送してください。

団体受験の場合は、協会事務局までお問い合わせください。

2級・3級の概要

 2級・3級においては、それぞれ「A科目」130問・「B科目」170問の2科目で構成されています。各科目とも全試験配点の70%以上の得点を目安に合格とします。
A科目は「ファッション販売知識」「ファッション・マーケティング知識」「ファッション販売業務」、B科目は「ファッション販売技術」「店舗演出・VP展開」「ファッション商品知識」を出題範囲としています。

1級

試験日 第9回 2017年1月28日(土)
スペース
出願期間 第9回 2016年12月 1日(木)~2017年1月11日(水)
※期間内に、協会事務局必着のこと。
スペース
試験方法 筆記試験 記述式及び選択式
スペース
集合時間 10:20集合
スペース
試験時間 10:30~16:10

ショップ・マネジメント知識  10:30~12:00
販売知識           13:00~14:30
販売技術           14:40~16:10
スペース
受験料 12,000円(税込)
科目受験(1科目につき)4,000円(税込)
スペース
受験資格 制限はありません。
この検定試験の2級・3級合格に関係なく、受験できます。
スペース
試験会場 「東京会場」のみで実施。
スペース
申し込み方法 「願書」と「受験料」を協会事務局へ、郵便局から現金書留で郵送してください。
スペース
レベル

教育機関などでファッション知識やファッション販売技術、ショップ・マネジメントに関する専門教育を2年以上履修し、卒業後ショップでの実務を3年程度経験したレベル。
ファッション商品を販売する店舗には、百貨店、量販店、専門店、商業集積ビルなど、さまざまな業態、企業形態がありますが、これらを支えているのはそれぞれの販売の現場です。店舗の管理・運営には、店長やマネジャーなどがあたっていますが、ビジネスモデルによってマネジメントの方針や領域などは大きく異なってきます。
本検定試験では、若い管理・責任者の育成という目的から、対面接客販売であること、経営者や本部の支援システムがある店舗であることを前提に構成しています。
ファッション販売能力検定2級・3級の内容を理解した上での、応用的内容となっています。

「ファッション販売能力検定1級 試験問題集-用語解説 収録-」の内容を参考にしてください。最近のファッションの流れや事象なども出題範囲に含みます。

合格基準

各科目とも60%の得点を目安に合格とします。3科目の合格をもって1級合格とします。

出題範囲
1.ショップ・マネジメント知識

・ファッション産業と小売業の知識
・ショップ・マネジメント、店舗開発
・情報マネジメント
・経営・計数知識
・リーダーシップ、マネジャーの職務
・本部業務の理解
・ショップの人事管理など

2.販売知識

・マーケティング、ブランディング
・マーチャンダイジング
・プロモーション計画、VMD
・商品・素材に関連する知識
・売り場管理・事務など

3.販売技術

・顧客サービス
・顧客心理の理解とコミュニケーション
・接客技術
・コンサルティングセールス
・クレーム対応・処理
・顧客管理と販売促進
・ウェアリング・コーディネーションなど